スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぼくの足

いつかゴールがあると信じて、僕はただ必死で走ったんだ。
その先に光があるかなんて、考えもしないで、ただひたすら、
走ることでしか生を実感する事ができなかった。
なのに…。

悲しい出来事に、僕の足は簡単に折れてしまった。

だけどね。ゆったりと歩くことを思いだしたんだ。
足をとめることは無意味ではなかったんだ。
見える景色は変ったよ。

ねえ、まだ僕の足は完璧に治りはしないけど。

僕は笑うし、僕は歌う。

明日を信じてなんやしないけど…。
それでも、僕には足はある。
ねえ、まだ、歩いてゆけるチャンスはあるだろ?

ゴールなんて決してない僕の人生の中に。
あきらめなんて、いらないんだ。





今年は少しずつ、社会復帰か、資格勉強か、童話に集中するという~あいまいな目標を立ててます。
自分でもこのままじゃいけないっていう自覚はあるので…。

行政書士の資格は、今の私には負担すぎるので、資格とるなら、FP2級かな~なんて思ってます。
3級もってるし、損害保険代理店の資格も持ってるので、役に立つならそっちかなっと。
行政書士の勉強は本当に頑張ったので悔しいけど、意固地になってても仕方がないかなっと…。

とりあえず…飛躍の年にしたいなと思ってます♪

今では考えられないような状態から、だいぶ、元気になれたのだから、自分を信じてあげたいです。

ファイト。私♪♪♪
スポンサーサイト




コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。