スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天使の心

「天使の心」


ある天使のお話。
天使は、自分の仕事に誇りを持ち、そして愛していた。

空の上から下界を見回りをしては、
人助けをし、ほっとほほ笑む人間の顔をみることが何より好きだった。

なのに…。

ある日、空の巡回をする天使の翼を悪戯の悪魔がもぎ取ってしまった。

天使はシクシク涙をこぼし、嘆いた。
もう、僕は天使ではないのだと。

悪魔を恨み、心をすざませてしまった。

翼のない天使は、人間として「生」で生涯を終えることを決めた。
もう、翼がないのだから、自らの力で天使に戻ることはできぬ…。
天使は嘆いてシクシク涙を流した。
人間の小さな女の子が寄ってきて、天使に聞いた。
「何が悲しいの?」
天使は思った。自分が何が悲しいのかと。
そう人間である自分が悲しいのだ。
人を守るという仕事に誇りを覚えながら、人間を下等なものとして扱う自分に出会った。

ああ、僕が一番、醜い存在だった…。

天使は自らの存在を嘆いた。

そんなある日、天使は困っている人間に出会った。
少し迷ったが、天使はその人間に手をかした。
その人間はうれしそうにほほ笑み、天使にお礼を言った。

天使は思った。
「ああ、僕にはここでもできることがあると」
それから、天使は人間の世界で人のためになるために、汗水たらして働いた。

そのうち、それを見ていた神様が天使にご褒美に翼をプレゼントしてくれたのだ。

天使は少し背中をひかれながら、
空へと旅立ってゆく。

天使は悪魔に感謝した。
これから、また、天使は今までと同じ仕事につき同じ仕事をしてゆくのだろう。
今までと違う、真新しい天使の心で。

天使は地上でも空でも天使だった。
それは、
天使は天使としての行いを。
天使の心で生きたからだろう。

スポンサーサイト

仮面の町

少し前に描いた小説です
ヘタクソです…長いです…(汗)
なので、お時間ある方・興味をもっていただける方よかったら、
覗いていってくださいねん

» Next...

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。